福島県福島市●微温湯温泉 ぬる湯温泉二階堂

里人の言伝えによると、ぬる湯温泉は享保年間(1716-1735)に存在が知られていたというが、深山幽谷の場にて利用する者は稀であったと思われる。享和三年(1803)当家の祖「傳四郎」が桜本村(現福島市)から譲り受け、湯治者を受け入れた。四代目「清三郎」の時明治戊辰(1868)により宿舎は官軍により焼却された。現在の建物は明治・大正・昭和にわたり建造されたもので、最も旧い棟は明治5年(1872)頃の建築と伝えられている。

福島駅より西へ約18km。磐梯朝日国立公園吾妻小富士の東麓標高920mに位置し、ケータイも通じぬ自然の真ん中にあり、高山植物も数多く自生している。その趣に通年営業を求る声も多いが、何分雪深い位置にて4月下旬より11月下旬の営業となる。

ぬる湯温泉の泉質と効能

泉質は「含アルミニウム泉」温度32度。(旧泉質名「含緑ばん、酸性明ばん泉」)

古来より「眼病」「皮膚病」「化膿症」に効く名湯として知られ、治癒の例も多い。
日本ぬる湯番付では「東の横綱」とされ、効能の程が証明されている。

ご宿泊

1泊2食付/10,950円(諸税込)

素泊り(自炊)/4,503円(諸税込)

長期滞在(5泊以上)/7,926円

※滞在のご昼食もご用意可

日帰り

席料/1時間500円(税込)

入浴料/500円(税込)

※詳しくはお問合せください。

ぬる湯温泉●旅館二階堂

〒960-2151 福島県福島市桜本字温湯11

電話024-591-3173 Fax024-591-5395


マイカーでおいでの場合はナビのご利用をおすすめいたします。

冬季休業期間
11月下旬~4月下旬まで
バスご利用の場合
JR福島駅西口バス乗場土船行
乗車にて水保駅下車(約20分)・
水保より当館送迎バス(約30分)
※送迎バスの時刻は予めお問合せください。
タクシーご利用の場合
JR福島駅より45分/5,000円程
マイカーご利用の場合
東北自動車道福島西ICより
県道ぬる湯線経由約40分