ウワサの温泉に、初めて科学のメスが入った!
高湯温泉
高湯の温泉力医科学的見地から解明
これまで経験則でしかなかった高湯の温泉力について、 46名のモニターの協力を得て、医科学的見地から改めて検証し、 利用者へのアンケート調査とともに、高湯温泉の今後の温泉地づくりへの提言を模索した。
その療養効果の実証事業については、「福島市・札幌国際大学及びモンゴル国立医科大学教授 松田忠徳・東京女子医科大学・公益社団法人福島県労働保険センター・株式会社江東微生物研究所・高湯温泉 花月ハイランドホテル・高湯温泉共同浴場 あったか湯」などの関係所管の協力により平成25年度観光協会事業で行われた。
その具体的な内容は、3泊4日湯治の宿泊前後そして2ヶ月間の通い湯治の開始前後と血液採取(1人採血管7本35ml×2回)を行い、専門分析機関(2機関25項目)での検査を実施した。 また肌測定モニター前後(5項目)を実施した。
それらによりモニターの体質改善のデータが得られ、高湯の温泉入浴による療養効果の証となった。
それらの検証の記録の結果をこのページに纏めたのだが、すべての内容は平成26年度事業で作成した「高湯温泉録」冊子に詳しい。
高湯温泉を科学する
温泉は、含有成分だけで体に効くのか?
高湯温泉の含有成分、酸化還元電位の検証から、高湯の温泉力を科学的に調査した。
高湯温泉を科学する
高湯温泉を科学する
高湯温泉を科学する
高湯温泉を医学する
温泉入浴による美容効果、生活習慣病の予防・防止効果を探り、 高湯温泉の知られざるポテンシャルについて迫った。
高湯温泉を医学する