生の源
高湯温泉を医学する
予防に勝る治療なし
高湯温泉を科学する
人間にはもともと病を自ら克服する、自然治癒力が備わっている。 特に、高湯のようなハイレベルな温泉と向き合っていると、この自然治癒力の尊さに気付かされる。 まさに“予防に勝る治療はない”のである。 今回、温泉湯治による体温と免疫との関連性を検証するため、 高湯モニターの協力を得て湯治による体温と免疫の関連性を検証する比較実験を行った。
皮膚のアンチエイジング
高湯温泉を科学する
温泉がもたらす、皮膚のアンチエイジングとは?
健康は人類の永遠のテーマである。
多くの女性にとっては、さらにこれに“美容”が加わる。
日本人にとって温泉は、古来健康へと導く天与のサプリメントであり、美の源であった。
ここでは“美人の湯”“美肌づくりの湯”である高湯温泉の知られざるポテンシャルについて迫る。
温泉浴と免疫
高湯温泉を科学する
“免疫”は体内に侵入してくる細菌、ウイルスといった外敵や、ガン細胞のような異物を識別して排除しようとする体に備わった防御システムである。 胃腸を冷やすと免疫の低下を招き、発病しやすくなるといわれている。 体を芯から温める温泉浴は、どれほどの免疫への効果をもたらすのだろうか? 高湯モニターで温泉浴と免疫の関係について検証を実施した。