ヨミガエリノ湯
高湯温泉を科学する
温泉成分がもたらす効能
高湯温泉を科学する
現代医学治療とは、薬による即効性の薬理作用である。
そのため、温泉医学においても、温泉の効能をその薬用成分を重視する見方が主流である。
しかし、薬に対し極めて微量な有効成分しか含まない温泉水が、 薬でも改善しない慢性病を治癒するのは何故だろうか。
温泉成分が体へもたらす真の効能を探ってみた。
高湯施設の酸化還元電位
高湯温泉を科学する
先の調査結果から、高湯温泉で現在使用されている泉源の源泉状態は、 非常に高いレベルで自然湧出していることが分かった。
この泉源から引湯された、各施設毎の浴槽での酸化還元電位についてはどうだろうか。
高湯の施設における酸化還元電位を探ってみた。
わが国屈指の療養温泉
高湯温泉を科学する
7日間を一廻りとし、三廻り目の21日間で体力を回復させる一般的な湯治サイクルに対し、 高湯では他の温泉の7日分に相当する効用がわずか3日でもたらされることから「三日一廻り、三廻り十日」といわれてきた。
今回の検証によって、高湯温泉の比類なき抗酸化力があらためて明らかになった。