詳細を見る

高湯には昔から口伝されてきた「三日一廻り、三廻り十日」という入浴方法がある。
一廻りで体を反応させ、二廻目で解毒して患部を治し、三廻目で自律神経や免疫などを整え健康体に導くというものである。これまでは、そうした経験則でしかなかった高湯の湯力について温泉分析の権威である松田忠徳氏により医学的見地から改めて検証しなおした。
その結果、高湯は体を還元する抗酸化力が群を抜いて高い「究極の温泉」であることがわかった!

高湯温泉の湯力

奥州三高湯のひとつ。そのなかでも効能が高い高湯温泉に、はじめて医学のメスが入った。

右へスクロール