橋場のばんば(おばあさん)
もとは桧枝岐川に架かる橋のたもとにあり水難から子供達を守っていたが、
橋場のばんば
明治35年の大洪水の際平野与吉という力持ちが現在の鎮守神の境内まで背負って来たと伝えられる。
縁結び又は縁切りの神様として拝まれている。 錆びた鋏や 鋏の先を紐でよく結んだ物を供えると良縁を結び、 新品の鋏など よく切れる鋏を供えると悪縁を切ることが出来ると言われている。
備えられたハサミとばんば
ばんばの頭にお椀をのせると何でも願いが叶うとも言い、 今ではお椀と鋏が沢山上がっている。