燧ケ岳
百名山の一つで、標高2,356m東北一の秀峰です。
登山道は5ヶ所あり、特に御池からは広沢田代・熊沢田代と2ヶ所の田代を通り、 その長く伸びた木道の景色は一時疲れを癒します。 高山植物を見ながら登った頂上付近は岩場で、 360度のパノラマからは眼下に尾瀬、また晴れた日には遠くに富士山も望めます。 大同2年(807年)の噴火により、 尾瀬を流れる沼尻川が塞き止められ出来たのが尾瀬沼です。