奥州会津小屋の原村

初期の村落は下ノ原にあり東南に面し桧枝岐川に向かって造られ、愛宕清水を 利用していたが、下ノ原部落の100m下流に大ドリブチと言う狭くなった淵があり、 大洪水の祭流木がつかえて部落一帯が水没した。それで下ノ原より居平に移り住み 元宮清水、愛宕清水を利用して村を造った。