楠助兵衛、橘好正(くすのきすけひょうえ、たちばなよしまさ)

之より橘姓の初めとする。  家紋は“御前橘”である。 楠助兵衛橘好正は、織田信長に攻略された治田城主、楠七郎左衛門橘正具(たちばなまさとも)の次男で落ち延びて来たと言われ、星氏の娘を妻とする。