尾瀬檜枝岐温泉・そばの宿・旅館・丸屋新館/桧枝岐村/尾瀬
尾瀬檜枝岐温泉 そばの宿 丸屋 〒967-0525福島県南会津郡檜枝岐村居平638(尾瀬檜枝岐温泉)
女将の部屋
館内のご案内
手作り料理
ご予約
アクセス
そばまる家
尾瀬観光
お天気情報

女将の部屋

女将の部屋

ここでは、丸屋の周辺情報や、檜枝岐・尾瀬の情報、
などを定期的にご紹介いたします。
年間のイベント情報など、ご参考にお出かけ下さいませ。
*日常の事を書いています。
    こちらもご覧下さい!

女将の部屋

−2010年度−

★檜枝岐もすっかり雪景色になりました!
12月3日金曜日の強風と大雨は4日朝までに雪に変わり、15p位の積雪となりました。
朝から今冬初の除雪車が出動、いよいよ本格的な冬を迎えようとしています。

クリスマス寒波では会津地方、特に西会津で大雪となり2日間にわたり国道49号がストップ、全国ニュースとなりました。
その頃檜枝岐村は60センチ位の積雪で同じ会津でも随分雪の降り方が違うものですね・・・
その後29日には雪が一日中降り続き、朝晩2回にわたって除雪をする程でした。
寒さも厳しく 1階洗面所の水道も久しぶりに凍結してしまいました。
今のところ雪も止み積雪量も落ち着いています。
このまま降らなければ 良い新年を迎えられそうです。

★女将は只今出掛けております。
嫁いだ娘が双子を出産しました。
現在女将は 手伝いに先月から神奈川県茅ケ崎市に来ております。

歩いて数分で左に江の島、右に富士山を見通せる海岸にでる事ができ、繰り返す波の音を聞きながらどこまでも続く水平線を眺めていると時間の経つのも忘れてしまいそうです。山の中で暮らしている私にとっては以前から憧れの地でもありました。

それに11〜12月とはいえ私にとってはとても暖かで、檜枝岐の寒さからは考えられません。 檜枝岐の冬は厳しいですからね・・・
南会津と神奈川県でもこんなに気候が違うんですから 日本は広いですね〜

とは言え、よく考えてみると“桧枝岐村”も捨てたものではありません。
尾瀬はもちろん、村内の山や川を眺めていると 季節を目で見て体で感じる事が出来るのです。
どうぞ奥会津・檜枝岐に季節の移ろいを感じに来てみて下さい。



★冬のイベント案内
*歳の神
日   時: 1月14日(金) 午後6時点火
内   容: 前年のお札やお松様、書き初めなどを歳の神で燃やし、一年の無事を感謝し 新年の無病息災を祈る昔からの行事
 
*おっかの昔ごっつぉー
日   時: 1月23日(日)、3月13日(日) 午後3時〜
内   容: 民宿・旅館の女将と一緒に郷土料理を作ったり、昔のごっつぉーを食べてみませんか・・・
要 予 約: 尾瀬檜枝岐温泉観光案内所 TEL:0241-75-2432
 
*親と子供の雪遊び
日   時: 2月6日(日)、20日(日) 午前9時〜12時半
内   容: 檜枝岐温泉スキー場内で いろいろな遊びを親子で楽しめます。
要 予 約: 尾瀬檜枝岐温泉観光案内所 TEL:0241-75-2432
 
*檜枝岐スノーシュートレック
日   時: 2月10日(木)、21日(月) 午前9時〜午後2時
内   容: 初心者向けのスノーシュートレックで、ガイドと共に村内を散策します。
定   員: 20名程度
要 予 約: 尾瀬檜枝岐温泉観光案内所 TEL:0241-75-2432
 
*大人の雪遊び
日   時: 3月6日(日) 午前8時半〜午後4時
内   容: 初〜中級者向けのスノーシュートレックで、大杉岳や七入方面を散策予定です。
定   員: 20名程度
要 予 約: 尾瀬檜枝岐温泉観光案内所 TEL:0241-75-2432
 

詳細はこちらをご覧下さいませ。
http://www.oze-info.jp/eventguide/#c02
★丸屋の秋まつり!
〜お夕食膳には秋の香りが満載です〜
今年はキノコが当たり年のようです!
カノシタ(ブナハリタケ)、シシダケ(コウタケ)、モタシ(ナラタケ)、赤キノコ(マスタケ)等など他にもいろいろなキノコが食卓を賑わしています。
食前酒は真っ赤な“山ブドウのお酒”をどうぞ・・・
★深まりゆく尾瀬の紅葉


10月11日(月) 御池から尾瀬沼までの様子をご紹介しましょう…

御池手前のブナ平は今が一番の紅葉の見ごろを迎えたようです。
車道から見下ろす風景は何色もの色を織り交ぜた絨毯のようです。

沼山峠から木々の間に尾瀬沼が見えます。
峠を下りて大江湿原にでると草紅葉は黄金色から薄茶色に変わっていました。

湿原の草の色と黄色に色づいた木々の色との対照が青空に映えてとても綺麗です。

この日は連休最終日で多くのハイカー達が残りゆく尾瀬を満喫していました。
尾瀬沼に着くころには 燧ヶ岳の頂上にあった雲も晴れ渡り青空のもと絶景のロケーションでした。

★11月のイベント案内
*新そば祭り
日   時: 11月13日(土)
会   場: 尾瀬の郷交流センター
午前4時〜7時
(受付は午後2時から。6時までにご入場下さい。)
料   金: 3,500円(飲み物別途)
内   容: 名物“裁ちそば”や“はっとう”などのそば料理が食べ放題のほか岩魚の塩焼きや山椒魚、山菜・キノコ等など山人(ヤモード)料理がいっぱい…
要 予 約: 尾瀬檜枝岐温泉観光案内所
TEL:024-75‐2432
★10月のイベント案内
*会津駒ケ岳 秋山トレック
日   時: 10月4日(月)
集合場所: 滝沢登山口(林道終点階段前)  午前7時集合
参 加 料: 3,000円(傷害保険料、ガイド料含む)
定   員: 村内宿泊者50名限定  (定員になり次第締め切り)
内   容: 地元の尾瀬認定ガイドの案内で秋の駒ケ岳を登山してみませんか!
要 予 約: 尾瀬檜枝岐温泉観光案内所  TEL:024-75‐2432
 
*燧ヶ岳 秋山トレック
日   時: 10月5日(火)
集合場所: 御池登山口(駐車場奥)  午前7時集合
参 加 料: 3,000円(傷害保険料、ガイド料含む)
定   員: 村内宿泊者50名限定  (定員になり次第締め切り)
内   容: 地元の尾瀬認定ガイドの案内で秋の燧ヶ岳を登山してみませんか!
要 予 約: 尾瀬檜枝岐温泉観光案内所  TEL:0241‐75‐2432
 

★夏の思い出


8月にお出で頂いた森廣様は 自転車でいらっしゃいました。
東京から東北新幹線で那須塩原駅で下車、そこから車で約2時間少々の道のりをロードレーサーに乗っていらっしゃいました。
途中休憩しながらも6時間位かかったそうですが、疲れも見せず翌日はまた国道352号線で奥只見経由で今度は上越新幹線の浦佐駅へ向かわれました。
ご予約の際『自転車で行きます。』と伺い驚きましたが、お二人共さすがにスレンダーで 特に女性のかたは脚も長く羨ましい限りでした。
無事お帰りになられた事と思いますが、また別のシーズンにもお出で下さいませ。
ロードレーサーの楽しいお話も伺いたいです。
鈴木様はおばあちゃまと娘さんといらっしゃいました。
写真中央のおばあちゃまは御年97歳になられるそうで、予約後 エレベーターの確認と1階の客室を希望されました。 あいにく当館にはエレベーターも1階の客室もなく心配しましたが、お出でになられたおばあちゃまはしっかりとご自分の足で階段を上がってらっしゃいました。
お話もはっきりされて ドライブがお好きとのこと。
お食事も喜んで頂きとても97歳には見えませんでした。
元気なおばあちゃまに肖りたくてお写真を撮らせて頂きました。
また来シーズンもお逢いできますように・・・

★歌舞伎の夕べ 開催
日 時: 9月4日(土)
午後6時 開場   午後7時 開演
会 場: 檜枝岐の舞台
演 目: 『奥州安達が原 袖萩祭文の段』
料 金: 村内宿泊者は無料
(日帰りの場合は お1人様1,000円となります。)

*今年度最後の歌舞伎公演です。 皆様お誘い合わせのうえご来場下さいませ。

    
★8月のイベント案内
*第18回真夏の雪まつり
日 時: 8月7日(土)〜8日(日)
午前10時オープニング
場 所: 尾瀬檜枝岐温泉スキー場  特設会場
内 容: 岩魚のつかみどり、雪上運動会、雪上花火大会、ビアガーデン、飲食コーナー、その他楽しいイベントがいっぱい
*全日 そりコースを開放!

大人も子供も暑さを忘れて雪の上で楽しもう!!
*鎮守神祭礼奉納歌舞伎上演
日 時: 8月18日(水)
午後6時開場  午後7時開演
会 場: 檜枝岐の舞台
演 目: 一之谷嫩軍記 熊谷陣屋の段
料 金: 無料

恒例の桧枝岐歌舞伎の上演です。
演ずるのはもちろん村人! 石段の観客席で260年の伝統歌舞伎をご覧下さい。
次回は9月4日(土)の歌舞伎の夕べ になります。
*第1回 尾瀬桧枝岐ぶなの森ウォーク
日 時: 8月21日(土)〜22日(日)
内 容: 村内をスタートし、ふくしま遊歩道50選に選ばれた沼田街道などを歩きます。
参加料: 大人2,000円   子供1,000円

詳しくは村観光案内所までお問い合わせくださいませ。
TEL.0241-75-2024
*尾瀬の日
『尾瀬国立公園』は、平成19年8月30日に 29番目の国立公園として誕生しました。
これを記念して桧枝岐村では8月30日を『尾瀬の日』として、村内公衆浴場、歴史民俗資料館、 ミニ尾瀬公園の入館・入園料を無料としています。
ぜひ尾瀬国立公園と桧枝岐村の探訪にお出で下さいませ。
★田舎で遊ぶ夏休み!!
*かぶとっかり・・・村人の案内でクワガタやカブトムシを捕まえよう!
実  施  日: 月・水・金・土曜日
7/24・26・28・30・31
8/2・4・6・9・11・13・14
(8/7は土曜日ですが真夏の雪祭りのため開催いたしません)
集 合 時 間: 19:30(〜20:30まで開催予定)
集 合 場 所: 桧枝岐村役場前
※雨天時は中止いたします
参  加  料: 無料
持参する物: 虫捕りアミ、カゴなど
*いよっかり・・・公園内の浅瀬でイワナやカジカ獲りにチャレンジ!
実  施  日: 7月24日(土)〜8月15日(日)の期間中毎日
時      間: 9:00〜15:00
集 合 場 所: ミニ尾瀬公園
※雨天増水時は中止いたします
参  加  料: お1人様 1,000円(ミニ尾瀬公園入園料込)
※手網、水メガネは無料で貸し出ししております。


★庭のバラが咲きだしました。 6月29日

今年は病気になったり、枝が折れたりして、もうだめかと思っていたベランダのバラが、ようやく咲き出しました。




【ダブリンベイ】
真っ赤な“ダブリンベイ”、つるバラの“アイスバーグ”そして名もない赤いバラ、でベランダがいっぱいになってきました。

【アイスバーグ】

【名もないバラ】


【ソフィーズ・ローズ】


   玄関前には鉢植えで、
   イングリッシュローズの“ソフィーズ・ローズ”、
   “ジョン・クレア”、“スキャボロー・フェア”が咲いています。


【ジョン・クレア】

【スキャボロー・フェア】




   鉢植えで買ったミニバラも花壇に地植えしたら
   すっかり元気になって咲きだしています。




  今年買った鉢植えのバラも蕾が沢山付いて
  これからが楽しみです。
  咲いたらまた見て下さいね!!



★7月のイベント案内

*花の尾瀬ウォーク・・・地元のガイドと一緒に花の尾瀬を歩いてみませんか!
20100516   日 時 : 2010年7月14日(水)〜7月15日(木)
  コース :
  (1日目) 御池〜沼山峠〜尾瀬沼〜尾瀬ヶ原
         (山小屋泊り)
  (2日目) 尾瀬ヶ原〜三条の滝〜
         燧裏林道〜御池
 募集人員 : 30名限定
  参加料 : お一人様5,000円
         (損害保険料、ガイド料含む)
  要予約 : 尾瀬檜枝岐温泉観光案内所
          TEL 0241 - 75 - 2432
  締切り : 2010年7月5日(月)

20100516 *燧ヶ岳夏山開き
  日 時 : 2010年7月4日(日)
         午前6時〜
 集合場所 : 御池登山口(駐車場奥)
         テープカット、お神酒・赤飯サービス
  内 容 : 先着500名様に特製バッジプレゼント
        (俎ー山頂にて午前10時から正午まで)


20100516 *会津駒ケ岳夏山開き
  日 時 : 2010年7月3日(土)
  受 付 : 午前6時〜
 集合場所 : 滝沢登山口(国道わき)
         テープカット、お神酒・赤飯サービス
  内 容 : 先着500名様に特製バッジプレゼント

  夜祭り : 午後7時30分〜
         檜枝岐の舞台で映画上映
         プレゼント抽選会


★会津沼田街道(七入〜沼山峠)を往く

その昔会津と上州を結ぶ交易路として、会津若松から尾瀬沼を通って沼田までの道がありました。 福島側からは沼田街道、群馬側からは会津街道と呼ばれていました。 交易が盛んだったのは 徳川時代のことで、会津からは米や酒、上州からは油や塩、日用雑貨などが 交易品として 尾瀬沼のほとり三平下辺りで中継されていました。 幕末の戊辰戦争では 会津軍は沼田街道を通って尾瀬を越え、戸倉で征東軍と交戦になったそうです。

七入から沼山峠までの山道がこの沼田街道です。 現在は登山道も整備され、今注目のハイキングコースです。
ブナの森の中を流れる道行沢(みちゆきさわ)と云う小さな清流に沿って登山道があります。 七入から登り始めるとすぐに硫黄沢橋があり、それから赤法華沢橋、そして1番橋から5番橋まで沢を渡りながら進みます。





5番橋を過ぎると急な登り坂となって、
抱返の滝(だきかえりのたき)まで続きます。
この登りはかなりキツイですが、素晴らしい抱返の滝が待ってます。 落差約25m、末広がりに落ちる水が凹凸のある岩肌にあたり 美しい模様を描いて見えます。
下から見上げると、水しぶきが陽に輝いてその素晴らしさに今までの疲れも吹っ飛びます。
抱返の滝から40分ほど登るとようやく沼山峠休憩所の下に出ます。
登山道脇では季節によっていろいろな山野草も楽しめます。
普段の尾瀬ハイキングとは一味違ったマイナスイオンたっぷりのブナの森でのハイキングルート、ぜひ一度挑戦してみて下さい。
七入から沼山峠まで登り約3時間、沼山峠から七入まで下り約2時間半です。 沼山峠からは定期バスも出ます。
登りに自信のない方はバスで沼山峠まで行き、沼山峠から下って来るのも良いですよ!

★6月11日(金)16時から国道352号線が開通しました。

もっとも雪深い銀山湖周辺の除雪も終わり、桧枝岐村から新潟県魚沼市までの国道が開通しました。
これで御池から約2時間半で関越自動車道・小出ICまで行く事が出来ます。
御池から奥只見湖周辺は道幅が狭く、カーブも急なため距離は短いですが時間が掛かり運転にも注意が必要です。

奥只見湖は昭和36年に造られた人造湖で、 奥只見ダムは国内2番目を誇る貯水量があります。 また、昔 銀鉱があったことから『銀山湖』とも呼ばれています。


〈福島と新潟の県境、小沢平から見た燧ヶ岳〉
湖では遊覧船も運航しており、新緑はもちろん紅葉も素晴らしく、 雄大な湖と紅葉に染まる山々を船上からも楽しめます。 10月半ば過ぎからは紅葉見物のお客様で賑わいます。

今年は御池から奥只見湖までの国道で日本鹿が多数目撃されています。
特に夜間は道路上に出てきますので、運転の際は十分にご注意くださいませ。


★尾瀬ヶ原の水芭蕉は今が最盛期です。

遠くに至仏山が見える 下ノ大堀の水芭蕉は
今がちょうど見頃です。
また、ヨッピ橋から東電小屋間の小さな沢では
リュウキンカが見頃で、水芭蕉と共に咲きそろい
白と黄色の群生が見事です。


★奥只見 渓流釣り情報


6月1日の午前9時に御池から奥只見湖(船着き場)までのR352号線が開通したので、早速大型魚を狙いに奥只見湖に流入する只見川の上流部に行ってきました。
尾瀬ヶ原からの雪代で川幅いっぱいに水が流れているため遡行がとてもたいへんでした。 水量が多い影響なのか全般に食いつきが渋くてなかなか出てきませんでした。

この好ポイントで釣れたのは8寸イワナが1尾だけでした。尺上の大物や良型が数匹釣れても良さそうなのですが・・・。

対岸のブナの森に朝陽がさして新緑がとても綺麗でした。




★早春の尾瀬


残雪の消えた尾瀬の湿原(尾瀬沼、大江湿原)に小さくて可愛らしい水芭蕉がたくさん咲きだしておりました。

車の終点 御池の駐車場脇の斜面にはまだ沢山の雪が残っていました。
御池からシャトルバスで約30分、尾瀬の玄関口沼山峠登山口に着きます。


(沼山峠登山口)

(峠の登山道)

(御池駐車場)
バスを降りて約30分程 雪道を歩くと大江湿原の入り口になります。
普段は木道になっていますが、今はまだ写真の通り残雪があるので 滑って転ばないよう注意が必要です。

(大江湿原)

(湿原からの燧ヶ岳)
大江湿原の雪は殆ど融けていて、小さな草花の芽が出始めていました。
この木道を20〜30分歩くと尾瀬沼です。

(ワタスゲの花)

(まだ小さな リュウキンカ)

(ニッコウキスゲの芽)

(行者ニンニク)

(トリカブト)

今一番のビュースポットは長蔵小屋西側の沼のほとりです。
水芭蕉の群生が見事です。

(長蔵小屋周辺の水芭蕉の群生)


これから日一日と湿原は緑に染まり、草花が咲きだします。 そして夏にはワタスゲの真っ白な果穂、タテヤマリンドウの青色、レンゲツツジの鮮やかな オレンジ色、ニッコウキスゲの黄色と湿原を彩ります。 四季折々で姿を変える尾瀬に一度訪れてみてはいかがでしょうか。


★山菜のシーズン到来!

目の前の山々も新緑に染まり、本格的に山菜が採れ出しました。
今日は近くの山に行ってみました。
うわみず桜(アンニンゴ)の蕾はちょうどいい大きさになっていて沢山採ってきました。 さっそく塩漬けにして イワナの塩焼きにでも添えましょうか。

タラの芽、コシアブラも出始めていたので少し採ってきました。 2〜3日後がちょうど採り頃でしょう・・・

         うわみず桜の蕾

タラの芽

コシアブラ

沢山採れた うわみず桜

★6月のイベント案内その他イベントはこちら(尾瀬檜枝岐温泉観光協会サイト内)

20100516 *帝釈山・台倉高山『オサバ草祭り』

  日 時 : 6月12日(土)〜6月27日
         午前8時〜正午
  集 合 : 帝釈山・台倉高山登山口
  内 容 : 期間中、先着2,500名様に
         特製バッジプレゼント

 尚、期間中は宿泊者限定のシャトルタクシ−
 (予約制)が運行いたします。
 運行日はシャトルタクシ−運行予定表をご覧くださいませ。

*エクストリームシリーズ2010尾瀬檜枝岐大会

   日  時 : 6月19日(土)
   受  付 : 午前7時〜8時45分
  競技種目 : マウンテンバイク、トレッキング、オリエンテーリング、
           チームチャレンジ(メンバー3人で力を合わせて行うゲーム)
   参加費 : 21,000円(1チーム)
申込締切日 : 6月9日(水)
尚、詳細はhttp://www.a-extremo.comをご覧くださいませ。


★愛宕神祭礼奉納歌舞伎 上演される

5月12日は桧枝岐村 愛宕神の祭礼日で毎年夕方から恒例の奉納歌舞伎が上演されてきました。
当日は朝から雨模様の一日で、舞殿での上演を鑑賞するにはとても寒かったのですが、 500人ほどの観客は厚着をして石造りの観客席を埋め尽くしました。

今回の出し物は “神霊矢口の渡し 八郎物語の段”で、花駒座では12年ぶりの上演です。

物語は福内鬼外の作で、新田家の末路の一場を演じたもの。
『新田家の大将義興公が竹沢堅物の計略にかかり自害した事を 聞いた家老の南瀬六郎は、御台所と若君徳寿丸を連れて落ちていく。 またもう一人の家老兵庫之介は降参したと見せかけ、 時期を見て新田家を再興しようと六郎に目配せして別れていく・・・』

冬の間猛練習をした座員の晴れ舞台に、雨の中最後まで鑑賞した観客からは惜しみない声援が送られていました。






5月連休の頃の桜と“舞殿”



★山の木々が芽吹き、山菜が出始めました。(5/11)

今年の冬は雪が少なかったものの春先の寒さで雪解けがかなり遅れましたが、
この連休の暖かさでようやく春らしくなり、裏山には山野草や山菜が出始めました。
これから6月にかけていろいろな種類の山菜が採れます。
そばの宿丸屋では採れたての山菜を使ったお料理が楽しめます。是非お越しくださいませ。

黄金花(福寿草)

ヒトリシズカ

うわみずさくら

イラクサ

山人参(コシャク)

葉ワサビ

行者ニンニク

ウルイ

★5月10日現在の桧枝岐川の状況です。

ゴールデウィーク中の平均気温は25度と暑い日が続き、山の雪が一気に解けだし、川の水は通常の2〜3倍に増水しています。
日中になると上流部での落雪の影響で落ち葉や土砂が流れ出すため茶色く濁り濁流となるので、 釣りができるのは午前中、濁りが入るまでが勝負となります。

丸屋前(前川橋下)等の村内数箇所にイワナの成魚を放流しています。 あと2〜3週間もすると雪解け水が治まりますのでそれからがとても期待出来ます。 写真右は下流部の深場。


★一気に桜が満開です!

5月1日まではストーブがいる程の寒さでしたが、 2日以降はぐんぐん暖かくなり、 咲くのは祭りの頃かと思われた桜も昨日、 今日の暑さでもう満開になりました。
まだ咲き始めの桜もあり、今しばらくは楽しめるでしょうか。

★5月のイベント案内

  *愛宕神祭礼奉納歌舞伎の上演
     日 時 : 5月12日(水)
            午後6時〜開場、午後7時〜開演
     場 所 : 檜枝岐の舞台
     演 目 : 『神霊矢口の渡し 八郎物語の段』
     料 金 : 無料

  *尾瀬山開き
     日 時 : 5月21日(金)
     場 所 : 群馬県戸倉
            1年おきに群馬県側と福島県側とで開催されます。

★新春歌舞伎公演がありました

4月10日恒例となった千葉之家花駒座による新春歌舞伎公演が開催されました。
260余年に渡り村民の手によって守り続けられてきた歌舞伎をこれからも続けていくために毎年配役を入れ替え、若手から中堅まで演技を磨いています。
役者達は皆仕事の合間をぬって冬の間毎晩練習を重ねてきました。
その成果を村民に披露するのが、この新春歌舞伎公演です。
また、新入座員の紹介もあり村人にとっても楽しみな1日です。
会場は村公民館の東雲館で開催され、もちろん村外のお客様もご覧いただけます。
会場では商工会女性部による売店もあり、祭りの奉納歌舞伎とはまた違った雰囲気の中鑑賞する事が出来ます。

まずは 寿式三番叟から…

今年の新座員です

女性部による売店は手作りの味で…

舞台裏は忙しそう…

★4月7日 “真夏の雪祭り”に向け、雪にシートを掛けました。

恒例となった“真夏の雪祭り”の為に スキー場内で雪を集めてシートを掛ける作業がありました。
毎年雪祭りでは、雪の上で飲食コーナーや雪上運動会、夜には花火大会などのイベントがあり多くの家族連れで賑わいます。
今年は8月7日(土)〜8日(日)に開催されます。皆様でお越し下さいませ。


★4月のイベント案内

日 時
2010年 4月10日(土)  午後3時〜
場 所 東雲館 4階 大ホール
演 題
神霊矢口の渡 八郎物語の段
一之谷嫩軍記 熊谷陣屋の段

今回は特に若手が新役に挑戦します。
冬の間一生懸命練習した成果をご覧下さいませ。


★村観光施設の営業について

*山の駅 御池
2010年 5月 1日(土)〜11月7日(日)
*御池ロッジ
2010年 5月 1日(土)
2010年 5月14日(金)
〜5月4日(火)
〜10月23日(土)
*山の駅 沼山峠
2010年 5月21日(金)〜10月31日(日)
*尾瀬沼ヒュッテ
2010年 5月 1日(土)
2010年 5月14日(金)
〜5月4日(火)
〜10月16日(土)

★お彼岸に

今日はお彼岸、“いもっけいもち”を作りました。
(3月21日)
“けいもち”はおはぎのようにもち米を半搗きにしたら、そのまま茶碗にもって食べます。 多くはジュウネン(エゴマ)をかけて食べます。
もち米と一緒に一口大に切ったジャガイモを加えて作ったものが、“いもっけいもち”です。
“けいもち”は彼岸や仏の日に食べます。
ジャガイモがとても甘くジュウネンも香ばしくて美味しかったです。

「いもっけいもち」
“おしとげ”も作ってみました。こめ粉を団子にしたものを“おしとげ”と云うようです。
“そばおしとげ”は、そば粉と洗い米を潰したもを湯と水で捏ね、茹でたり焼いたりして食べました。
2月8日と12月8日の“おしとげ八日”や、“刈り上げ九日”等に食べました。
また、“粟おしとげ”は粟粉と米粉を捏ねて作ったもので仏の日やいろいろな事日に食べたようです。
貴重な砂糖やハチミツをつけて食べたそうだ。
昔は米粉は貴重だったのでそば粉や粟粉を多く入れたが、今日は米粉を多めにしてもち米と砂糖も少し加えて作ってみました。
食感もあまり固くなく、ほのかな甘さもあって焼いてそのまま食べて美味しかった!

「おしとげ」

★第2回“おっかの昔ごっつおー”開催される。

第2回“深山人の知恵と工夫を五感で感じる おっかの昔ごっつおー”が 3月14日(日)開催されました。
お客様は10名様(県内8名様、県外2名様)でした。
今回は裁ちそば、焼き餅、芋餅などを実習。
芋餅は搗いたそばから油味噌をつけてまず試食。ジャガイモが餅のようになるまで搗くのは ちょっと大変でしたが、芋の香りと食感に驚き!
実習後は村で採れた“カバノアナタケ茶”を飲みながら民話を聞いたり、 村の暮らしぶりを聞きながら寛いで頂きました。 ご宴会ではお客様自身が作った裁ちそばを茹でてお出ししました。 かなり太めのそばでしたが、自分達で作ったそばだけに皆さま満足しきり・・・
今回はそば料理のほかに豆ふかし(花嫁ササギ入り赤飯)もあり、ボリュームたっぷりの 献立でした。 これが昔のご馳走です。
皆様にご満足いただけたのか、また来年も開催して下さいと激励頂きました。 今年の反省を踏まえてまた来年も実施できるよう頑張りたいです。
皆さまのご参加をお待ち致しております。

そば粉とご飯をでっちでいます

ハンゾウとばんでい棒で芋を搗きます

慎重にそばを裁ちます

今回の昔ごっつおー です

★昔の家庭料理“漬物たらし”を作って食べました。

漬物(切り漬け)にそば粉、水を加えフライパンで焼いたそば粉のお好み焼きと云ったところでしょうか。
切り漬けは毎年秋に収穫したキャベツ、大根、大根葉、かぶ菜、人参などを刻んで塩漬けにしたもの。
冬の間はこの漬物をそのまま食べるだけでなく、煮たり、炒めたりして食べるので、昔は大きな樽にいくつも漬けたそうです。
周りはカリッと香ばしく、中は少し酸味のある味に家族は皆大好物です。

漬物たらし
漬物たらし
漬物たらし
漬物たらし

★昨日豆もちを作りました。

近頃はピーナッツなどのナッツ類を入れたりしますが、今回は昔ながらの大豆を入れました。
一晩おいてさっそく切ってみました。
さぁ、出来栄えは?
砂糖を入れすぎたかな!もう少し砂糖を控えて塩をきかせたら美味しく出来たわね!
とりあえず孫に送りましょうか・・・

豆もち

★六地蔵も春を待ちます!

昨日久しぶりに降った雪は約6〜7センチ、
これから降る雪は積もっていた冬の雪を解かします。
六地蔵の周りもだいぶ雪が消え一日一日 春を待ちます。

地蔵

★“おっかの昔ごっつおー”開催

“深山人の知恵と工夫を五感で感じる”『おっかの昔ごっつおー』が2月27日(土)開催されました。
昔から伝わる郷土料理を桧枝岐村の女将と一緒に作りながらふれあいませんか…という事で、昨年冬に開催今年は2シーズン目の開催となりました。
夏場は忙しい女将達も、シーズンオフと云う事でゆっくりお客様とふれ合えると楽しみにしていました。 名物の裁ちそばとあん入り焼き餅を中心に女将達と一緒に実習した後、試食夕食会。
焼き餅は各自作ったものをお膳にのせましたが、皆さん上手で割れることなく巧く出来ていました。 裁ちそばもお客様が打ったそばをまず試食。少し太めではありましたが自分達で熨して裁ったそばの味はまた格別とあって皆さんその出来具合に満足!
中にはこのイベントに昨年から参加され女将達とも顔馴染みになったお客様もいらっしゃって和気あいあいと楽しまれたようです。
翌日は講師を招いた“ミニぞうり作り”の講習会もあって、作った事のない女将も参加。
可愛らしい“ミニぞうり”(?)が出来上がりました。







★2月26日(火) 今年はトラ年!

昨年末デパートで見かけその後探していた“張り子の虎”は、倉敷市の“道楽かん工房”で作られたものと知りさっそく注文。この度ようやく私のもとに届きました。
実は年が分かってしまいますが、今年は社長も私も年男、年女!それも還暦を迎えるとあって特に力強い虎がほしかったのです。
どうです  カッコいいでしょう!
最高に気に入りました。
これで今年一年元気に健康に過ごせそうです。
トラ

★2月16日(火) 恒例の村民雪上運動会が開催されました。

午前中はスキー大会の部で、小・中学生から成年、壮年、シルバーにわたって各選手がタイムを競いました。
特に壮年、シルバーの部では大きな声援があがっていました。
午後は雪上運動会で、児童館の子供たちの宝ひろいや綱引き、恒例の雪泳、長靴投げ、チューブレース等があり、子供から大人まで笑ったり声援を送ったり盛り上がりました。
私達商工会女性部も豚汁を作って協力、午後は長靴投げなどに参加して楽しみました。






★檜枝岐スキー&スノーシュートレック    *要予約


 日 時

2月10日(水) ・ 2月22日(月)
 参加料

お一人様 3,500円(保険料込み)
 内 容

真冬ならではの檜枝岐の大自然を体験。
雪の中をトレッキングしながら絶景ポイントでの撮影もお楽しみ。
地元のスタッフがサポートし、初級者の方でも安心なコース設定で、
舟岐方面を予定しています。

 申込み

予約・お問い合わせ先
尾瀬檜枝岐温泉観光協会
TEL 0241−75−2432

 


★大人の雪遊び (スノーシュートレック)   *要予約


 日 時

3月7日(日)   16時頃終了予定
 参加料

お一人様 5,000円(保険料込み)
 定 員

20名様程度 (村内宿泊者限定)
 内 容

冬しか味わうことのできない雪の中でのトレッキングや
絶景ポイントでの撮影をお楽しみください。
初心者〜中級者の方向けのコース設定で、御池方面を予定しております。

 申込み

予約・お問い合わせ先
尾瀬檜枝岐温泉観光協会
TEL 0241−75−2432

 


★子供体験プログラム      *要予約


 日 時

2月14日(日)
 参加料

大人1,500円   子供1,000円  (保険料込み)
 内 容

かまくら作りやスノーラフト、チューブなど冬遊びを満喫。
親子で参加して冬の思い出をつくりましょう。

 申込み

予約・お問い合わせ先
尾瀬檜枝岐温泉観光協会
TEL 0241−75−2432

 


★“深山人の知恵と工夫を五感で感じる”
       『おっかの昔ごっつおー』      *要予約


 日 時

第1回目 2月27日(土)  午後3時〜
第2回目 3月14日(日)  午後3時〜
 場 所

桧枝岐村「東雲館」
 内 容

昔から伝わる郷土料理を桧枝岐村の女将と一緒に作りながら ふれあいませんか…



予定のお献立
〜2月〜
  裁ちそば、くじらあん焼き餅、はっとう、干し岩魚の吸い物、ざく煮(鹿肉)、
  ニシンずし、たらし、山菜料理
〜3月〜
  裁ちそば、ぐみあん焼き餅、大根葉でっち、干し葉汁、ひら、にしんずし、
  いもっけーもち、山菜料理
  献立の中の何品かを一緒に作って頂きます。

  *翌日はミニわらじ作りの体験もあります。
  *さらに 檜枝岐の物産プレゼントの特典付きです。

 参加料

お一人様 各3,500円(夕食、飲み物代込み)
*宿泊料金は別途
 人 数

限定30名 (宿泊者限定です)
 申込み

予約・お問い合わせは 尾瀬檜枝岐温泉観光協会までお願いいたします。
TEL 0241−75−2432
FAX 0241−75−2336

 


新年明けましておめでとうございます

皆様にはお健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
今年も相変わりませず丸屋新館並びにそば処まる家をよろしくお願い申し上げます。
昨年12月はほとんど雪も降らず過ごし易い師走でしたが、 大晦日から雪が降り出し、2日までの三日間で1mを超える 積雪となりました。
もう雪はたくさんですね・・・
近頃は、暫く天気が続いたあと一気に大雪となるような気がします。

でも冬の雪は春からの山菜や花、水などに影響を与えると云われています。
昔から伝えられてきた檜枝岐の冬の生活を思い出しながら春を待ちましょう・・・





以前の最新情報はこちら
2009年  2008年  2007年  2006年  2005年  2004年  2003年
尾瀬檜枝岐温泉 そばの宿 丸屋
〒967-0521 福島県南会津郡檜枝岐村居平638(尾瀬檜枝岐温泉)
フリーダイヤル 0120-91-3211/TEL 0241-75-2024
Copyright:(C) 2007 SOBANOYADO MARUYA All Rights Reserved