尾瀬檜枝岐温泉・そばの宿・旅館・丸屋/桧枝岐村/尾瀬
尾瀬檜枝岐温泉 そばの宿 丸屋 〒967-0525福島県南会津郡檜枝岐村居平638(尾瀬檜枝岐温泉)
女将の部屋
館内のご案内
手作り料理
ご予約
アクセス
そばまる家
尾瀬観光
お天気情報

女将の部屋

女将の部屋

ここでは、丸屋の周辺情報や、檜枝岐・尾瀬の情報、
などを定期的にご紹介いたします。
年間のイベント情報など、ご参考にお出かけ下さいませ。
*日常の事を書いています。
    こちらもご覧下さい!

女将の部屋

−2011年度−

★12月29日(木) 今年も鮨が良く出来ました!
お正月のご馳走に漬けておいたすし桶の封をきってみました。
[続きを見る]
★12月28日(水) “第19回カルフ桧枝岐カップクロスカントリースキー大会” 開催される。
七入クロスカントリースキー場では“第19回カルフ桧枝岐カップ兼福島県スキー連盟会長杯クロスカントリースキー大会”が開催されました。
[続きを見る]
★12月26日(月) クリスマス寒波の影響でしょうか!
クリスマス寒波の到来で今朝の気温は−8度、今朝は60pを超す積雪でした。
[続きを見る]
★12月17日(土)スキー場の安全祈願祭も行われました。
16日夕方から降り出した雪は今朝40p位の積雪になりました。
[続きを見る]
★12月3日(日) 昨夜からの暴風雨は雪に変わりました!
今年の秋はとても暖かく雪も11月半ばから何度か降ったものの、すぐ消えて冬支度も難なく終わり過ごし易い秋でした。
[続きを見る]
★11月23日(水)から2日間、東京 浅草神社で“がんばっぺ南会津フェア”が開催されます!
南会津郡4町村(下郷町、南会津町、只見町、桧枝岐村)が台東区浅草を中心とした皆様方の応援を受け、観光情報の発信と特産品のPRを行います。
[続きを見る]
★今年も有難うございました。
  今年は3月の大震災に始まり、7月末の新潟・福島豪雨、 5月末と9月始めには台風接近と大きな災害が列島各地で起きました。
桧枝岐村内では直接的な被害はありませんでしたが、 お客様にはいろいろご心配やらご迷惑をお掛けする事もありました。
被害にあわれた皆様方には改めて心よりお見舞い申し上げます。
大震災では一日も早い復興を…と願ってから早や7カ月が過ぎましたが、 一向に復興の兆しが見えないのが現実です。
さらに福島県は原発からの放射能汚染が広がり、あらゆる現場で“風評被害”と云われる問題が続いています。
観光立村の桧枝岐村でも今シーズンは福島県在住のお客様には元気回復を願うと共に、 我々宿泊業者も活気づくようにと村を中心に旅館・民宿で宿泊代の割引を行う支援事業を実施いたしました。
しかし、シーズンを通して今までにない観光客の減少に 一様の不安を感じずにはおれません。

  来年こそよい年になるよう願うと共に 又新たな気持ちでお客様にご満足いただけるよう頑張りたいと思います。
丸屋新館・そば処まる家ともに 来シーズンの営業は4月末からを予定しております。
どうぞ美味しい水と空気があふれる自然いっぱいの桧枝岐村にぜひお出で下さいませ。
名物のそば料理とツルツル温まる温泉、そしてスタッフの笑顔とでお待ち致しております。
★10月17日NHK あさイチ『JAPAなび』の撮影がありました。
福島の会津地方を紹介するなかで、桧枝岐村では昔からの そば粉を使った珍しい料理があると云う事で取材がありました。 タレントの山田マリヤさんが“裁ちそば”の独特な打ち方、切り方を体験! 丸屋の家族が勢ぞろいする中、打ちたての“裁ちそば”を試食。
“裁ちそば”ののど越しの良さとそばの香りに感嘆一しきり… テーブルに並ぶそば料理も次々に試食されていました。
放送日:10月31日(月) 朝8時15分〜9時54分
NHK総合テレビ あさイチ『JAPAなび 福島・会津』
NHK あさイチ『JAPAなび』
★“歌舞伎の夕べ”代替え公演のお知らせ
日   時: 10月15日(土)
開場 17時、開演 18時
場   所: 檜枝岐の舞台
演   目: 寿式三番叟
絵本太功記 尼ヶ崎の段
出   演: 千葉之家花駒座
★尾瀬の様子(9月7日現在)
*秋の花々が咲いています。
ウメバチソウ、エゾリンドウ、ミヤマアキノキリンソウ、イワショウブ、タムラソウ
ミヤマワレモコウ、オゼトリカブトなど
(実)ミズオトギリ、キンコウカ、サワギキョウ、カキツバタ
*最低気温が10℃を下回るようになってきました。
雨対策と防寒対策を忘れずに・・・
*湿原の草紅葉もいよいよ始まりです。
緑色だった湿原がうっすら色づいてきました。
*現在尾瀬沼一周は出来ません。
三平下〜沼尻の南岸ルートは登山道崩落個所があり通行止めです。
*沼尻休憩所は9月15日まで土日のみの営業です。
トイレも平日は使えませんのでご注意ください。
*尾瀬ヶ原では 各地で木道の架け替え工事が進んでいます。
7月末の集中豪雨で片側通行の個所もあります。通行の際にはご注意ください。
また、林内の登山道では先日の台風の影響で落枝の可能性があるので頭上にも注意して下さい。
★7月末の新潟・福島豪雨
7月末の新潟・福島豪雨では村に通ずる国道の至る所で沢の水が大量に出て土砂や倒木に覆われ、一時は孤立状態になりましたが、 村から舘岩の木賊温泉〜湯の花温泉に通じる“尾瀬小繋ライン”が翌日には通行可能になり何とか道路の孤立は免れました。
しかし電話の不通は一週間に亘ったためインターネットも使えず、お客様はじめ皆様方にはご心配やらご迷惑をお掛けする事となりました。
幸い檜枝岐村内と隣接する地区、また登山客の方々にも人的被害はなかった模様で一安心しました。 しかし、60q下流に当たる只見町では全世帯約5,000人の町民が避難するなど今までにない大きな爪痕を残しました。
家屋や道路はもちろん農作物や農業施設などにも大きな被害がでており、被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

これから紅葉シーズンを迎え 国道352号線(銀山平方面)、252号線(只見から小出方面)が通行不能、さらにJR只見線の一部が運休になっており観光客の出足にも影響が出るものと思われます。

また、8月18日恒例の“鎮守神祭礼奉納歌舞伎”は 夜になっての雷雨の為二幕目の途中で中止となりました。 雨だけなら何とか上演する所ですが雷を伴った集中豪雨では観客の皆様の安全を考えての中止と云う事でした。 長い歴史で初めての事ではないでしょうか。

さらに、9月3日は“歌舞伎の夕べ”が開催される予定でしたが、台風12号接近のためこれも中止となりました。 楽しみにして予約されたお客様には申し訳ありませんでしたが、やはり皆様方の安全を考えての事でした。

その後“歌舞伎の夕べ”は 10月15日(土)に開催されることになりました。
詳細はこちらで・・・・
★5月24日 第31回尾瀬山開き が行われました。
1年おきに群馬県側と福島県側で開催される“尾瀬山開き”は今年福島県側の桧枝岐村御池登山口で開催されました。
神事とテープカットに続き、お神酒と赤飯が御池駐車場に集まったハイカー達に振る舞われました。
御池〜沼山峠間のシャトルバスも21日(土)から運行されており、徐々に尾瀬への入山が始まります。

まだ沼山峠の道はほぼ雪に覆われていますが、大江湿原の木道は少しづつ出てきています。
この時期は雪が積もっているように見えても下は空洞になっている事があるので
“踏み抜き”には特に注意が必要です。

湿原の雪の消えた辺りには 水芭蕉とリュウキンカが咲きだしていますが、見頃はもう少し先でしょうか。 尾瀬ヶ原の方は雪解けも進み 下の大堀は見頃を迎えつつあります。
★ミニ尾瀬公園内に『尾瀬書美術館・思郷館』オープン!
福島県二本松市(旧 東和町)出身で書道家の丹治思郷氏が同氏の作品を当村に寄贈されるにあたって建築中だった『尾瀬書美術館・思郷館』が完成。
5月12日に贈呈式並びに開館式が行われました。

ミニ尾瀬公園内 管理棟と写真美術館の間に建設された“思郷館”には36点の書が展示されています。
尾瀬書美術館・思郷館
どの作品もとても力強く、なにか生命力をもったような感じを受けました。
書と云うよりは絵のような… まさに “芸術”でしょうか。
素晴らしかったです!

新しい木の香漂う館内は静寂で陽の光が明るくとても落ち着いて鑑賞出来ました。
ミニ尾瀬にお出での節はぜひご覧になって下さい。
尾瀬書美術館・思郷館
平成20年以来当館にご宿泊いただき、今回も貴重な“書”を頂きました。 『尾瀬旅情』です。
さっそく202号室床の間に掛けさせて頂きました。
どうぞご覧下さいませ。
尾瀬書美術館・思郷館
【丹治思郷氏】
氏は書道芸術院展特選賞、毎日書道展毎日賞など受賞され文部省入省後は日展会友、福島県総合美術展審査長、また兵庫教育大学教授、姫路独協大学大学院で書論講座の講師など歴任されました。
現在は福島県総合美術展審査員としてご活躍されています。
平成元年から東京銀座の鳩居堂で毎年開かれる『思郷展』をはじめ、神戸・福島・パリでも個展を開かれています。
今回の思郷館では“瑠璃展”として開催されています。
尾瀬書美術館・思郷館
★帝釈山登山口往復シャトルタクシーの運行案内
今年も帝釈山のオサバ草シーズンに合わせて『帝釈山登山口往復シャトルタクシー』の運行を実施いたします。

日  時 : 2011/6/11(土)、12(日)、18(土)、19(日)、
        25(土)、26(日) 計6日間
区  間 : アルザ駐車場〜村内〜帝釈山登山口
料  金 : 片道2,000円
要予約 :  ご利用日の前日17時までに観光案内所まで
 ご予約下さいませ。 TEL.0241‐75‐2432
帝釈山のオサバ草
        なお、17時を過ぎてのキャンセルは出来ませんのご注意くださいませ。

運行時間は以下の通りです。
【帝釈山登山口行き】
【桧枝岐村内行き】
アルザ駐車場 発
帝釈山登山口 着
帝釈山登山口 発
アルザ駐車場 着
 7:00
 7:50
 8:00
 8:50
 9:00
 9:50
12:30
13:20
13:30
14:20
14:30
15:20
*この事業は 馬坂峠駐車場の混雑解消と公共交通利用の方々の利便を図るため
尾瀬檜枝岐温泉観光協会が実施するものです。
尾瀬檜枝岐温泉観光協会加盟施設宿泊者限定となります。
★桜も満開です! 5月10日
桜も満開です!
桜も満開です!
今年は少し遅めの開花でしょうか…。

先週末あたりに膨らみ始めた蕾は、
昨日の暖かさで一気に咲きだしました。

丸屋の桜もほぼ満開で客室からも見る事が出来ます。



でも今週いっぱいは雨模様で
ようやく開いた花も可哀想!

今日は朝から雨でしたが、
晴れ間を見て六地蔵の辺りを撮影してきました。

明後日の歌舞伎まで咲いているといいですね。
★平成23年度 尾瀬檜枝岐温泉イベントのご案内
*愛宕神祭礼奉納歌舞伎
日   時: 5月12日(木) 午後6時開場 午後7時開演 *入場無料
演   目: 奥州安達ヶ原 袖萩祭文の段
*第31回尾瀬山開き
日   時: 5月24日(火) 午前10時〜
集合場所: 御池登山口
*帝釈山・台倉高山『オサバ草祭り』
日   時: 6月11日(土)〜26日(日) 午前8時〜12時
集合場所: 帝釈山登山口
期間中 先着2,000名様に特製バッジプレゼント
*エクストリームシリーズ2011尾瀬檜枝岐大会
日   時: 6月18日(土)
詳細は http://a-extremo.com をご覧下さいませ
*会津駒ケ岳夏山開き
日   時: 7月2日(土) 午前6時〜
集合場所: 滝沢登山口(国道脇)
先着300名様に特製バッジプレゼント  赤飯・お神酒サービスあり
*燧ヶ岳夏山開き
日   時: 7月3日(日) 午前6時〜
集合場所: 御池登山口(駐車場奥)
俎ー山頂にて午前10時から正午まで先着300名様に特製バッジプレゼント
赤飯・お神酒サービスあり
*いよっかり『イワナやカジカ獲りにチャレンジしよう!』
日   時: 7月23日(土)〜8月15日(月) 午前9時〜午後3時(雨天増水時は中止)
場   所: ミニ尾瀬公園
参 加 料: お1人様1,000円(入園料込)
*親子で楽しむ川遊び
日   時: 7月下旬〜8月上旬 午前10時〜午後2時(集合は午前10時)
場   所: 燧の湯下手駐車場
参 加 料: 大人2,500円 子供1,500円
*第19回真夏の雪祭り
日   時: 8月6日(土)〜7日(日) 午前10時オープン
場   所: 尾瀬檜枝岐温泉スキー場
イワナのつかみどり、雪上運動会、ビアガーデン、飲食コーナー他
*鎮守神祭礼奉納歌舞伎
日   時: 8月18日(木) 16時30分開場 17時30分開演 *入場無料
演   目: 南山義民の碑 喜四郎子別れの段
絵本太功記 尼ヶ崎の段
*第2回 尾瀬桧枝岐ブナの森ウォーク
日   時: 8月27日(土)〜28日(日)
参 加 料: 大人2,000円 子供1,000円 (当日申し込みは500円増し)
村内をスタートして沼田街道等を歩き、御池・沼山峠など大自然の中を歩きます
*尾瀬の日
日   時: 8月30日(火)
公共温泉施設、歴史民俗資料館、ミニ尾瀬公園の入館・入園料を無料に
*歌舞伎の夕べ
日   時: 9月3日(土) 午後6時開場 午後7時開演
演   目: 絵本太閤記 尼ヶ崎の段
入   場: 日帰り1,000円(村内宿泊者は無料)
*第28回新そば祭り
日   時: 11月12日(土) 午後4時〜午後7時
会   場: 尾瀬の郷交流センター
定   員: 380名 要予約
受   付: 尾瀬檜枝岐温泉観光協会
★平成23年度“新春歌舞伎公演”開催
日 時 : 4月9日(土) 午後3時〜
場 所 : 東雲館 4階ホール
演 目 : *寿式三番叟
 *南山義民の碑 喜四郎子別れの段
 *奥州安達ヶ原 袖萩祭文の段
主 催 : 千葉之家花駒座
後 援 : 桧枝岐村、歌舞伎後援会、
 尾瀬檜枝岐温泉観光協会
協 力 : 桧枝岐村商工会女性部

星長一氏を座長とする千葉之家花駒座は、毎年冬の間に新しい出し物や役を代えて練習を重ね、この時期にその年の初公演として披露しています。

今年は先月の東北関東大震災の後で、開催が一時危ぶまれたものの開催する事によって被災者を励まそうと例年通りの実施となりました。

本公演にあわせ、当村出身で名古屋市在住の西脇よしみさんが『 がんばろう福島 』とプリントしたTシャツ三百枚を寄贈、来場者に配られました。

詳しくは尾瀬檜枝岐温泉 丸屋ブログをご覧下さいませ。
新春歌舞伎公演-1
新春歌舞伎公演-2
新春歌舞伎公演-3
★創業140周年記念企画
明治5年丸屋旅館として創業以来多くの皆様方にご利用頂いて参りました。
お陰様で今年で創業140周年を迎える事が出来ました。
これからも末長くご利用頂きますよう感謝をこめて企画いたしました。

*ご好評につき今シーズンも『お得な平日割引料金』を実施いたします。
*休前日・特定日ご利用のお客様には『村内ご利用券』をプレゼント!
  村内売店・食堂でご利用頂けます。
★ご要望にお応えして 幅広い料金プランできました
★東北関東大震災
3月11日14時46分、三陸沖を震源地とするマグニチュード9,0の地震が発生、宮城県北部では震度7を記録。
この地震に伴う大津波によって岩手県、宮城県、福島県など三陸沿岸の集落では壊滅的な被害が発生しました。
死者行方不明者は2万7千人を越え戦後最悪の災害となりました。
改めて 被災されました皆様にお見舞い申し上げますとともに、一日も早い事態の終息と復興を心よりお祈り申し上げます。

また、この地震により福島第一原子力発電所では深刻な原子力事故が発生、周辺住民の避難が指示されました。
また、福島、茨城両県の野菜から、そして福島県や遠くは東京都、千葉県の水道水からも基準値を超える放射性物質が検出されるなど さらなる被害と不安が広がっています。

桧枝岐村は普段からあまり地震を感じない所ですが、今回はさすがに長い揺れを感じ壁に掛けていたものが激しく揺れましたが 特別の被害はありませんでした。
地震直後 村は以前より交流のあった大熊町の小学生の家族中心に60人程の被災者を受け入れ、現在に至るまでおにぎりの炊き出しを行っております。
4月からは県の要請もあり さらに被災者の受け入れを行う予定でおります。

被災されました皆様方に今我々が出来る事を考え、一致団結して少しでもお役に立ちたいと思います。
また、風評被害にも負けず元の“美しい福島県”を取り戻したいと思います。





★只今 修行中です!
休業している冬の間、七代目は檜枝岐の“曲げ物”作りを習っています。
現在曲げ物を作っている人は殆どいなくなってしまい、材料となる檜も昔のように簡単に手に入らなくなっています。

昔から作られてきた村の伝統技術を残すためにも村が有志を募り二年程前から取り組んでいます。
参加しているのは数人ですが、閑散期の冬の間にいろいろ作って練習しています。
今回は“お櫃”を作ったそうです。
まだ完成品とは言えませんが、何とか形にはなっています。
今年は曲げ物を縫い止める“桜の皮”も本物を使って、本格的な商品が出来ると思います。


★2月1日 厳寒の候
日本海側では大雪が続き、通行止めや屋根の雪下ろし事故など各地でいろいろな被害がでています。

桧枝岐村でも降雪量は2メートルを越え、場所によってはすっかり雪に埋もれている所もあります。
屋根の雪を下ろすと同時に 下ろした雪を片付ける作業はとても 重労働のうえ、危険が伴います。
毎年この厳しい冬を越して 春の訪れを待ちます。


暦ではもうすぐ立春!
2月〜3月にはスノーシューを使った山歩きや、スキー場での 冬遊びなどのイベントが企画されています。
天候が落ち着いたらぜひ冬の桧枝岐を訪ねてみて下さい。






以前の最新情報はこちら
2010年  2009年  2008年  2007年  2006年  2005年  2004年  2003年
尾瀬檜枝岐温泉 そばの宿 丸屋
〒967-0521 福島県南会津郡檜枝岐村居平638(尾瀬檜枝岐温泉)
フリーダイヤル 0120-91-3211/TEL 0241-75-2024
Copyright:(C) 2007 SOBANOYADO MARUYA All Rights Reserved