最新の記事

高湯温泉 紅葉情報(平成28年10月2日)

[H28.10.1 浄土平(標高1600m)]

1日の磐梯吾妻スカイライン紅葉状況をお知らせします。ビジターセンターの情報提要です。 [全文を表示]

高湯温泉の西側にある「信夫硫黄鉱山跡」

花月ハイランドホテルの脇から不動滝展望所へ至る道があり、途中の遊歩道駐車場を利用できる。もしくはホテル脇の観光協会第3駐車場を利用できる(バス駐車可)。
展望所へはズリ山の裾を回り込んで行くが、ズリ山に登ると展望は素晴らしい。福島市街はもとより、遠く信達地方を望むべく宮城県は角田方面まで見える時がある。 [全文を表示]

高湯温泉「温泉神社と薬師堂」

高湯温泉の開湯は慶長12年(1607年)と言われており、その根拠は湯銭という年貢を支払った証文にある。つまり400年前には税金を支払うべき営業形態が高湯にあったという証である。

さてこの温泉神社はもともと源泉滝の湯の西側石垣の下にあった湯殿神社が起源である。慶長の開湯前からあったと伝えられ、つまり当時の共同浴場滝の湯の上手に見下ろす位置にあった。現在の場所に移動したのは磐梯吾妻スカイラインの道路工事と共に移転された。 [全文を表示]

高湯温泉 春の芽吹きと収穫

芽吹き真っ最中の高湯で採れる山菜は?まず山菜の王様タラノメ。震災以降、採る方が減っているので普通に道路脇に見ることが出来ます。天ぷらも良いですが、パン粉を付けて揚げるカツも美味いですよ。 [全文を表示]

高湯温泉 冬の日の安達屋旅館2

高湯温泉で一番の大きさを誇る露天風呂「大気の湯」。一番奥から入り口方面を見る。途中に打たせ湯や寝湯、洞窟風呂などがあり、ここ手前が深くてゆったり入浴できる場所である。 [全文を表示]

高湯温泉 冬の日の安達屋旅館

冬晴れの安達屋旅館、14時のチェックインの時間を目指してお客様が集まりだす。道路向かいの共同浴場あったか湯にて小休止しながら時間をつぶす方もおり、チェックアウトの翌11時までの21時間の滞在時間をを十分に楽しもうとしている方々である。季節によっては3食付き24時間プランも企画しており、2泊とは違った寛ぎを提供している宿でもある。 [全文を表示]

高湯温泉 冬の日の旅館玉子湯

清掃日なので誰もいません。もったいないと思いながらも湯花の付着する硫黄泉ならではの必要なメンテナンス日。高湯ではどこの施設でも必ず週に1回は清掃休業日があります。 [全文を表示]
ページの先頭へ