奥鬼怒温泉 加仁湯


奥鬼怒トレッキング情報
奥鬼怒トレッキング情報
奥鬼怒トレッキング情報
奥鬼怒トレッキング情報
燧ケ岳
鬼怒沼から見る燧ケ岳
日光白根山
鬼怒沼から見る日光白根山

鬼怒沼湿原ハイキング・トレッキング情報

最終更新日:2018年7月25日

鬼怒沼の花は、例年よりも2週間前後早く咲いています。
春花から夏花へかわっており、今はサワラとキンコウカが盛りになります。
夏休み後半には花が終わってしまう可能性が高いので、花が見たい方はお急ぎください。

鬼怒沼湿原ハイキング・トレッキング情報

最終更新日:2018年5月19日

鬼怒沼の木道が全て雪解けしました。
平年より早く花が咲きはじめショウジョウバカマが咲いたところです。
林の中に残雪はあるものの平年の6月頃の状況です。
危険個所の雪が全てなくなりましたのでトレッキング同行日を設定します。
宿泊の方は当日の朝8時集合となります。
◇設定日
2018年
 5月27日(日)…終了しました
 6月3日(日)…終了しました
 7月8日(日)…終了しました
ご参加の方は予約時にお電話またはメッセージでお知らせ下さい。
ガイドではありません。
それぞれのペースで登っていただき遅いお客様と同行する事になります。 天候、その他の事情により同行できない場合もあります。

鬼怒沼湿原ハイキング・トレッキング情報

最終更新日:2018年5月12日

根名草山の下見を行って来ました。
少し詳しくお知らせします。

濃いガスに囲まれ写真や景色は取れませんでしたが、雨に降られることもなく越える事が出来ました。
金精トンネルの入口から登りはじめ「ショウジョウバカマ」が咲いています。
心配した雪も金精の分岐まではほとんどありません。
その上あたりから日陰の斜面、林の中には残雪があります。 雪は締まっていて厚みがある場所は安定しています。 うすい部分は「踏み抜き」に注意です。
沢山のシャクナゲはまだ蕾がふくらんでいません。

登りきる手前あたりで「軽アイゼン」を装着しました。 2000メートル付近の林の中は推測で1メートルから1メートル50センチ程度の残雪です。
「温泉ケ岳」(ゆせんがだけ)には視界が殆どないので行かず通過です。
切込湖、刈込湖側の斜面は雪が薄くなり、今週は足元が悪い場所です。
避難小屋の前後は雪が深く低木が押し倒されていて道が分かりません。赤いマークと方角を注意して進みます。
2か所ある「水場」は雪に埋まっていました。
水音は聞こえるので抜けば水を取ることはできます。

根名草山の山頂に雪はありません。
おりはじめの雪渓はかなり厚いのでゆっくりと左の斜面を直降しました。
心配していた3か所の「ガレ場」は雪がありません。
斜面の残雪と平年より多い倒木に注意してゆっくりと下山です。 手白沢分岐から下は夏道とあまり差が無くおりてこられます。

全体に平年の6月上旬ごろの道の状態で1か月前後早いと思います。
花の開花もはやいでしょう。
今現在でも山の経験がある方は越えられるでしょう。
6月のシャクナゲが楽しみです。
数十回の踏み抜きをしました。防水の靴は勿論スパッツは必要、アイゼン等はあった方がよいでしょう。
いつもより長い山シーズンは間違いないと思われます。
2018-05-08

鬼怒沼湿原ハイキング・トレッキング情報

最終更新日:2018年5月1日

鬼怒沼のお問合せが多くなってきましたので「ラブ」(犬)と下見してきました。

加仁湯の周辺は4月の末にヤマザクラが咲いて、芽吹きの時期をむかえています。
日光澤温泉からオロオソロシ滝の展望台までは雪が完全にとけていました。
夏道と同じ状況です。

展望台上、日陰の斜面には残雪があり注意が必要です。
上の休憩ベンチ手前の危険個所には残雪があり、山の経験がない方はもう少しとけてから登った方が良いでしょう。
とは言え、平年よりかなり少ないので装備の良い方は十分登れると思います。

山頂手前の長い林の中はほとんど雪があります。
先週(4月25日ごろ)の情報より締まっていて今日(5月1日)はあまり踏み抜きがありませんでした。 今後、融雪が進むと抜ける回数も増えるでしょう。
山頂は入り口の看板の文字部分が全部出ていました。
平年より50センチから1メートル程度は少ないと思います。
木道は入り口側が少し出ていて金沼の周辺と奥はほぼ見えています。奥側は芽がでてきています。
日光白根山、根名草山、燧岳とすべての稜線を見ることができました。

その日はおそらく私を入れて5人と一匹だけの鬼怒沼でした。


FOMAプラスのアンテナが立ちました。
docomo の携帯電話がご利用頂けます。(加仁湯周辺)
また、au の携帯電話もご利用頂けます。(玄関付近、八丁の湯周辺)
ソフトバンクはソフトバンクのプラチナバンド回線のみご使用になれます。
  ※金精トンネルを上がって、まいた辺り。又は、根名草山を降りてくると入ります。
  ・ 緊急の場合は連絡がつきます。
  ・ 山中のお問い合わせ、お呼び出しには応じられない場合がございます。


奥鬼怒花情報

イワカガミ

タテヤマリンドウ

チングルマ

ワタスゲ

例年、鬼怒沼は6月〜7月の梅雨の時期には、雨があまり多くありません。
9月頃の方が降雨量が多いほどです。
2040mの高地にあり、日本一高い湿原と言われており、梅雨の雨雲は鬼怒沼よりも低い所にある場合が多いので、 6月は良いお天気に恵まれる日もたくさんあります。
小さく可憐な花達も6月〜7月が一番種類が多く、トレッキングにピッタリの時期です。



お弁当のご予約承ります。 600(税込)
  ※ご予約は前日のPM 7:00までにお願い致します。




 
トップ
/ 施設のご案内 / お風呂のご案内 / 即時予約はこちらから /
/ 交通のご案内 / 周辺観光のご案内 / 長久温泉のご案内 /