奥鬼怒温泉 加仁湯


奥鬼怒トレッキング情報
奥鬼怒トレッキング情報
奥鬼怒トレッキング情報
奥鬼怒トレッキング情報
燧ケ岳
鬼怒沼から見る燧ケ岳
日光白根山
鬼怒沼から見る日光白根山

鬼怒沼湿原ハイキング・トレッキング情報

最終更新日:2017年9月1日

8月の雨ばかりの天気予報で鬼怒沼湿原に登る方は近年になく少ない夏となってしまいました。
実際は小雨が多く雨具を使用する場面はあるもののトライしたお客様は良い山だったとの声が聞かれました。
9月に入り朝晩は肌寒く山歩きしやすい季節になりました。
鬼怒沼湿原は草が一部茶色くなりいわゆる「草紅葉」のはじまりとなっています。
澄んだ空気の中、日光白根や根名草山、奥の燧岳をのぞむ景色は正に絶景です。
雨の直後は山頂手前の林に水たまりがあります。スパッツはあった方が良いと思います。
雨具はもちろんですがだんだんと夕暮れもはやくなっています、ライトもお忘れなく。
ご予約も山の方のお申し込みは少なく(9月1日現在)週刊予報を確認し鬼怒沼の絶景を目指して頂きたいと思います。
女夫渕から加仁湯までの遊歩道は大きな問題はありません。
根名草山も問題なく越えてきています。

鬼怒沼湿原ハイキング・トレッキング情報

最終更新日:2017年6月19日

鬼怒沼湿原は花のシーズンに入りました。
平年よりやや遅れていた鬼怒沼の花も群馬寄りの方から咲いてきています。
タテヤマリンドウが増えショウジョウバカマはもうすぐ終わります。
ヒメシャクナゲはいくつか見られチングルマも白い花を見せています。
これから夏までが鬼怒沼の花シーズン!!!
間もなくイワカガミも咲くでしょう。 タテヤマリンドウなどは2か月以上見られますがチングルマのように期間が短い花は夏まではもちません。 夏花のサワランやキンコウカが咲くころには終わってしまいます。
日本一高い湿原のとても小さい花々を楽しむ最高の季節を迎えます。

鬼怒沼湿原ハイキング・トレッキング情報

最終更新日:2017年6月5日

女夫渕から加仁湯までの遊歩道は新緑の美しさにシャクナゲ、ヤシオツツジが点在して天気の良い日は歩くお客様が多くなってきました。 貴重品以外の荷物を送迎バズに乗せ、のんびり川沿いを歩いた後に入る「にごり湯」はテッパンだと思います。

DCキャンペーンのご案内で今季3度目の鬼怒沼を見て来ました。 オロオソロシの滝展望台から上も雪がすっかり融けてベンチまでは夏道と考えて良いと思います。 ベンチ上の林の中は薄くなりましたがまだ残雪があり数か所は踏み抜く所がありました。 踏んである区間は雪の厚い所の方が歩きやすくなっています。 アイゼンはあった方が楽かなと言う程度です。 前回から2か所倒木が増えていました。

山頂は木道がほぼ出ていました。 やや遅れていた花もショウジョウバカマが点在しタテヤマリンドウが咲きはじめでした。 山の経験があまり無い方と同行で休憩と昼食を入れて5時間30分ほどかかりました。 少し寒い日でしたが山頂は最高の景色!
今後緑が日に日に濃くなり花の開花が進むでしょう。

根名草山方面奥鬼怒トレッキング情報

最終更新日:2017年6月16日

6月15日に試走しましたのでレポートします。
金精トンネルを登るとヤシオツツジが残っていて湯の湖、戦場ヶ原の景色に文字通り花を添えています。 金精山との分岐まで急登を登りきると男体山はガスの中でした。 分岐から上がりシャクナゲの群生に入ると蕾も沢山ありますがもう見ごろとなっていてコースから見える場所でも数えきれないピンクや白の花が見られます。
足元にミツバオウレン、カメノキの白い花、散り残るヤマザクラがありました。
2,000メートルを超える林の中から残雪がありまだ分厚い所も見られました。 温泉ケ岳(ゆせんがだけ)の急斜面はほぼ雪が解けています。 温泉ケ岳の山頂は晴れたら絶景ですがこの日はガスがあり半分ほどの景色でした。 温泉平から念仏平までの林の中は多くの区間で残雪あり数回踏み抜きました。 念仏平の避難小屋ではまわりの雪もとけて快適に休憩できました。
根名草山への下りは雪があり最後の登りは雪がありません。 根名草山山頂手前の岩場では左に日光白根山と丸沼、右に栗山側の連山が見えていました。 山頂の看板から少し下ると燧岳と鬼怒沼湿原が見えてきます。 根名草山下の丘の部分の残雪は十分な注意が必要です。 この下に雪はなく夏と同じ時間で下山できるでしょう。
通称「シャクナゲ棚」のシャクナゲは今が盛りです。
標高差1,000メートルの下りはやはりキツイと思います。
全体の残雪等を考慮すると通常の夏時間で6時間ぐらいですが30分から一時間は時間の余裕を持った方が良いと思います。 今年は小さい倒木が多く予想より雪が残っています。 山頂の景色は勿論ですがある程度の山経験がある方なら景色や登山道の変化がとても楽しいコースです。


FOMAプラスのアンテナが立ちました。
docomo の携帯電話がご利用頂けます。(加仁湯周辺)
また、au の携帯電話もご利用頂けます。(玄関付近、八丁の湯周辺)
ソフトバンクはソフトバンクのプラチナバンド回線のみご使用になれます。
  ※金精トンネルを上がって、まいた辺り。又は、根名草山を降りてくると入ります。
  ・ 緊急の場合は連絡がつきます。
  ・ 山中のお問い合わせ、お呼び出しには応じられない場合がございます。


奥鬼怒花情報

イワカガミ

タテヤマリンドウ

チングルマ

ワタスゲ

例年、鬼怒沼は6月〜7月の梅雨の時期には、雨があまり多くありません。
9月頃の方が降雨量が多いほどです。
2040mの高地にあり、日本一高い湿原と言われており、梅雨の雨雲は鬼怒沼よりも低い所にある場合が多いので、 6月は良いお天気に恵まれる日もたくさんあります。
小さく可憐な花達も6月〜7月が一番種類が多く、トレッキングにピッタリの時期です。


2017年度鬼怒沼湿原トレッキング同行企画

ご利用頂きました皆様、ありがとうございました。

次回の催行日が決まり次第、掲載させて頂きます。


お弁当のご予約承ります。 600(税込)
  ※ご予約は前日のPM 7:00までにお願い致します。




 
トップ
/ 施設のご案内 / お風呂のご案内 / 即時予約はこちらから /
/ 交通のご案内 / 周辺観光のご案内 / 長久温泉のご案内 /